teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


FC多摩川ジュニア 新ホームページ 

 投稿者:ST  投稿日:2009年 8月13日(木)11時23分3秒
  FC多摩川ジュニアの最新情報は、下記にアクセスを

http://sites.google.com/site/fctamagawajr/
 
 

大石弘道氏による座学講習会「サッカーを簡単にする」

 投稿者:NPO法人スポーツ指導者支援協会メール  投稿日:2009年 8月 6日(木)16時49分42秒
  いつもお世話になります。
NPO法人スポーツ指導者支援協会サッカー部会からのお知らせです。

8/26(水),9/9(水)の2回にわたり指導者の皆さまに向けた座学講習会を開催します!

講師には、清水商業高校教諭、同校サッカー部コーチ、JFA公認S級コーチの大石弘道氏を迎えます。
大石氏は、サッカー王国静岡県にて、長きにわたり指導者を務められ、多くの選手を育てています。
名門清水FCや、風間八宏氏などと共に立ち上げた清水スペシャルトレセン(通称:スペトレ)でコーチをされています。

テーマは、サッカーをいかに『簡単』にするか?」です。
これが大石弘道氏の最大のテーマだと言います。
11人対11人のプレーヤーが競技場内を自由に動き回れるのがサッカーです。
そのため、ゲームを行うには複雑な構造を知る必要があると考えられがちです。
しかし、サッカー競技の本質は「ゴールを守り、ゴールを奪う」という非常にシンプルなものです。
その本質から指導を考えてみたい、というのが今回のテーマです。

サッカーの本質を見すえて、指導を行うとはどういうことか?
どんな指導が本質を逸脱してしまう可能性があるのか?
指導者が陥りやすい問題がどこにあるのかを具体的な指導場面から考えていきます。

本講習会では特に攻撃面に注目し、「ボールを奪われない」「得点する」という観点から全2回で構成されます。
そこでは大石氏の考える指導体系が明確にされると同時に、
本質を捉えた指導が何かを学んでいく機会となるはずです。


サッカーに限らず他の種目の方も大歓迎です。
この機会を指導者間のネットワークを広げる機会にもしていただければ幸いです。

ご都合のつく方は是非ご参加下さい!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

テーマ:サッカーラーニングコース「サッカーを『簡単』にする~攻撃編」
【講師】大石弘道氏(清水商業高校教諭、同校サッカー部コーチ、JFA公認S級コーチ)
【日時】第1回:2009年8月26日(水)18:30~20:30
    第2回:2009年9月9日(水)18:30~20:30
【内容】第1回 ボールを奪われない(8/26)
    第2回 得点する(9/9)
【会場】新宿文化センター 第2会議室
【募集対象】現在、コーチとして現場で指導をしている方。また将来、スポーツの育成指導に関わっていきたいと考えている選手や学生。
【募集人数】男女・経験を問いませんが、意欲のある方30名
【受講料(税込)】一般:19,500円、学生:9,500円
       各回お申込の場合
       一般:各回11,500円,学生:各回5,800円


*お申込、詳細は弊会HPよりご確認下さい。
http://sportif-support.net/delivery/knowhow_delivery/knowdeli_vol43/soccer_knowhow090826.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【大石 弘道 (おおいし ひろみち)】
1960年静岡県生まれ。静岡市立清水商業高等学校教諭。同校サッカー部コーチ。
JFA公認S級コーチ(2003年ライセンス取得。同期にラモス 瑠偉などがいる)。
JFA公認C級コーチ・インストラクター。静岡県立静岡高等学校を経て、筑波大学卒。
静岡高校時代に県ベストイレブンに選出。大学卒業後、静岡県立静岡工業高校で指導にあたりながら、
国体選抜の指導スタッフとしても活躍。2004年からは清水FCや清水スペシャルトレセンで指導にあたっている。
 

FC多摩川ジュニアの新情報

 投稿者:ST  投稿日:2009年 7月30日(木)10時04分42秒
  http://sites.google.com/site/fctamagawajr/  

住友信託カップ予選トーナメントの結果について

 投稿者:U5年生担当:川尻  投稿日:2009年 7月 6日(月)19時08分58秒
  日曜(7/5)実施しました、住友信託カップ(8人制20分ハーフ)ブロック予選トーナメントの結果を報告します。
○予選第1試合 対さいわいFC(立川市) 2:0(村上、佐藤) 前半、開始早々、岡崎選手が縦パスに反応し、相手選手と競ったところのこぼれ球を、村上選手が冷静にミドルシュートを決める。センターサークル付近で、佐藤選手と岡崎選手のワンツーにより、佐藤選手のスピードで抜け出し、GKとの1対1を冷静に決める。その後、相手チームに、中央よりミドルシュートを打たれるも、GK赤松選手の連続好セーブにより失点を間逃れ、その後の試合は押し気味に進める。そのまま得点できず、逃げ切る形で試合終了。
○予選第2試合 対西砂青少年SC(立川市) 3:2(岡崎、川尻、村上) 前半、一進一退の試合展開でしたが、終了間際に縦パスに反応した岡崎選手がGKの頭越しのループシュート。良い形で前半終了。しかし、後半、いきなり右サイドを突破され失点。続けざまに左サイドからのミドルシュートにより連続失点。何度かシュートを打たれ、我慢の時間帯が続いたが、DF南野選手、渡邊選手、川尻選手、GK赤松選手の頑張りで、ピンチをしのぎ、FKのチャンスが訪れる、センター付近からの村上選手からのFKを、川尻選手が背後から飛び込み、冷静にコントロール、GKとの1対1を決め同点。風がこちらに・・・・このままPK戦かと思われた終了1分前。中央左サイドでこぼれたボールを中央へ持ち込んだ村上選手がフリーでロングシュート、GKの頭上を越えゴールへ吸い込まれる。\(~o~)/感激(T_T)
そのまま守りきり試合終了。ベスト4進出。
選手全員、ベンチを含め、とても一体感のあるチームにできあがりました。
選手たち、このまま優勝目指してがんばるぞ~~
選手のみんな、サッカーノートを忘れずに!!
父母の皆さん、一日朝から応援ありがとうございました。
木村代表監督、木村(政)、阿部、柴田、林、岡本、小川、赤松コーチの皆さん、会場設営、審判、応援ありがとうございましたm(__)m
選手たちは、ケガ等体調管理には十分注意をしてください。
父母の方々もよろしくお願いいたします。
来週も、父母の皆さん、応援よろしくお願いします。
コーチの皆さんもご協力よろしくお願いします。m(__)m
 

5年生の練習試合の結果について

 投稿者:U5年生担当:川尻  投稿日:2009年 7月 6日(月)19時07分13秒
  日曜日(7/5)(住友信託カップ ブロック予選トーナメント終了後)に実施しました、
5年生練習試合(FC VIDA(立川市)さん)(8人制、15分4本)の結果を報告します。
○第一試合 2:0(赤松、斉藤) 開始早々、赤松選手が、相手選手のクリアーボールをカットし、ミドルシュート。左サイドの加治選手から、中央の斉藤選手へ渡りシュート。
○第二試合 0:2
○第三試合 0:1
○第四試合 0:3
大会後の練習試合なので、4年生4名を含め選手全員が参加しました。
GKを含め、練習試合だからか、あまり真剣さがありませんでした。
ここで、アピールしないと!!!!いけないのに
やっぱり、怒られてばかりでした。
選手一人ひとりが、自覚をしてサッカーに取り組んでください。
FC VIDAさんありがとうございました。m(__)m
父母の皆さん、今日も朝から1日応援ありがとうございました。
 

住友信託カップ予選リーグの結果について

 投稿者:U5年生担当:川尻  投稿日:2009年 6月29日(月)20時49分37秒
  昨日(6/28)実施しました、住友信託カップ(8人制20分ハーフ)ブロック予選リーグの結果を報告します。
○予選リーグ 対大和北FC(東大和市) 2:1(岡崎、村上) 前半、押し気味に試合を進めるも得点できず、川尻選手のファールで、相手選手が怪我をしたため少し試合が中断。中断後のFKを、右サイドから持ち込まれ、簡単にシュートされ失点。
後半も、押してはいるものの得点できず、やっと左サイドの縦パスから、岡崎選手が右足でループシュート、続けざまに、ゴール正面で、こぼれ球を村上選手が左足でミドルシュート。
失点してどうなるかと思いましたが、得点すると落ち着いてペースがでてきました。
○予選リーグ 対立川エルフ(立川市) 1:0(南野) 終始押し気味に試合を進めるが得点できず、後半の後半は、体力的に厳しくなり押し込まれてたが、赤松選手の好セーブにより失点せず、終了間際にGKのハンドにより、右ペナルティの角より、村上選手が直接狙い、ゴール前で南野選手がさわり得点。そのまま逃げ切り勝利。
第1試合と同様に押しているのに、得点できず、攻め疲れの結果、危なく敗戦かと思われましたが、最後の最後に得点できて、予選はとりあえず突破。
○予選リーグ 対国立SSS(国立市) 2:0(南野、岡崎) 全勝同士の対決となりました。前半に、村上選手からのFKを、ゴール前の早坂選手がキープし、後方から上がってきた南野選手へ、右ペナルティエリア外から、ゴール左サイドネットへ突き刺さるゴール(ブラジル代表のロベルトカルロスみたい)。村上選手の左CKから、クリアーされたボールを南野選手がゴール前へ、岡崎選手の足元へ、反転しシュート。
後半は、最初に押し込まれましたが、落ちついて対応し無失点、何度かの得点チャンスを生かせず試合終了。
本日、最高の試合でした。寄りが速く、声が出ていて、ゴールへ向かう姿勢。
この試合が、どの選手が出場しても、いつでも実践できれば・・・・・
4年生を含め、ベンチでのたくさんの声援、とてもうれしく、チームでの勝利を実感しました。結果、3勝で1位通過となりました。
本日は、関戸選手、早坂選手の気持ちの入ったプレーがとても良かったです。
選手のみんな、サッカーノートを忘れずに!!
父母の皆さん、一日朝から応援ありがとうございました。最後は雨の中(TT)
コーチの皆さん、会場設営、審判等ありがとうございましたm(__)m
また、応援に来てくれた6年生の選手、コーチ、父母の方々ありがとうございました。
来週は、予選トーナメント戦になります。選手たち、優勝目指して頑張るぞ~
選手たちは、ケガ等体調管理には十分注意をしてください。
父母の方々もよろしくお願いいたします。
来週も、父母の皆さん、応援よろしくお願いします。
コーチの皆さんもご協力よろしくお願いします。m(__)m
 

2009グリーンカップ女子サッカー大会 報告

 投稿者:ROSE担当山田  投稿日:2009年 6月29日(月)19時00分16秒
  6月28日(日)に富士見小においてROSEの試合が行われましたので報告します。
この大会は昭島市の女子サッカー4チームがリーグ戦を行い順位を決めるもので、最大のポイントは1日に3試合を行うという点につきます。(15分-5分-15分です)
今回も「選手があつまるかどうか」が我がチームの課題となりました。9人制とはいえ3試合行うので最低12人程度いないと非常に苦しいことになります。1週間前に入部した人やこの日初めて参加した人も含めて何とか14人が集まりました。
1試合目はEBSフジミとあたりました。試合慣れしていない事もあり前半そうそう失点してしまいました。暗雲垂れ込めた雰囲気になりましたが、選手はめげずに頑張り大崩にはなりませんでした。先発選手に疲労が見え始めたので本日初めて参加の選手を送り出しました。その時の会話は以下の通りでした。
(選手)「左サイドって何をすれば良いのでしょうか?」
(コーチ)「相手にボールを持たれたら何とか前に立って邪魔をする。ボールが自分の方に来たらとにかくそれを前に運ぶ、です。簡単でしょ。」
(選手)「はい、わかりました、何となく。」
この選手が何と、自分の前のスペースに出たボールを迷わず蹴り出してゴールラインまで持ち込み、そこから更にゴールに向かい切れ込みシュート!見事に同点ゴールを決めてしまいました。(シュートをしろ、とは言っていませんでした)
その後、両チームとも決定打はなくPK戦に持ち込まれました。ここでもキーパーの攻守連発がありⅠ廻りで勝負がつかない、という白熱の戦いになりましたが、運は我に味方せず、10人目で勝負が付いてしまいました。
2試合目は強豪拝二レディースです。試合前には「この試合は捨てて次に備えよう」との声も出ましたが、いざ蓋を開けてみると安定した守備で相手にチャンスを与えません。特に今回初参加のボランチの選手とセンターバックの呼吸が噛み合い何度も攻撃をはじき返していました。また周りの選手も積極的にボールに行ったため相手の思うようには行かなかったようです。ハーフタイムには「捨てる必要はなさそうだ」と雰囲気が変わりました。しかし、後半に入った直後に左サイドの角度のない所から決められてしまいました。これは相手が上手だったと思います。しかし、めげずに立ち向かい、一度はキーパーと1対1になるシーンまで生まれました。しかし残念ながら同点に追いつくことはできませんでした。決して押されっ放しだったわけではなく少し手ごたえを感じた試合でした。
3試合目はP-Manです。相手には20代の若い子がいるという事で、やや不安なスタートでしたが、守りは安定していて殆ど崩されたシーンはありませんでした。逆に裏を取ってバックを置き去りにしたシーンが何度も生まれ、ここぞっという時には走り勝っていました。しかし残念ながら得点には至らずスコアレスドロー、PK戦になりました。両チーム共に殆どの選手は足に力が入らない状態になっており誰もゴール出来ない場面が続きました。が、相手には20代の選手がいました。彼女が決めて流れが変わり万事休す。
結局、4位となってしまいましたが、当初の大会要領通り勝点、得失点差、得点が同じ場合のみPK戦で決する、と運営されていたなら我がチームは得失点差で3位でした。(負け惜しみです)
5名もの選手がぶっつけ本番の試合でしたが、サッカーの楽しさは満喫されたのではないでしょうか?試合後には拝二のコーチから「年間を通じたリーグ戦をしましょう」との提案も出ていました。是非盛り上げていきましょう。
最後に、審判と応援に来てくれた林コーチ、大竹コーチ、龍也コーチ、ありがとうございました。
また、子供たちも一杯応援に来てくれました。ありがとうございました。
 

5年生の練習試合の結果について

 投稿者:U5年生担当:川尻  投稿日:2009年 6月22日(月)22時24分50秒
  最初に、6年生前期リーグ戦優勝おめでとうございます。\(^o^)/
詳細の結果はhttp://www15.ocn.ne.jp/~afajr/rusult2009.htm
土曜日(6/20)に実施しました、5年生練習試合(府ロクSC(府中市)さん、三菱養和SC巣鴨ジュニア(豊島区)さん)(8人制、20分ハーフ)の結果を報告します。
対府ロクSC 0:2 前半0:1、前・後半ともにチームとして何をしているか、分からない状況でした。以前の対戦時には五分五分で勝利したのに・・・・・・
対三菱養和SC 1:5(早坂) 前半0:1 第一試合と同様に、チームとして何をしているか、分からない状況でした。後半は中央突破を何度も許し、まったく良い所なしで、終了間際に、相手ゴールキックを早坂選手が奪い得点。
フレンドリー(20分1本)
対府ロクSC 0:1 、対三菱養和SC 0:0
住信カップ本番直前の練習試合で、思わぬ大敗でした。
技術的には変わらないと思うのですが!!!!
来週から、予選が始まります。選手一人ひとりが、自分に何ができるのか?チームのために何をするべきなのか?考えてください。
選手たちは、予選突破まで、ケガ等体調管理には十分注意をしてください。
父母の方々もよろしくお願いいたします。
サッカーノートを忘れずに!!
小川、赤松、梅田、林コーチ、試合の準備、審判ありがとうございました。
府ロクSCさん、三菱養和SC巣鴨ジュニアさんありがとうございました。m(__)m
父母の皆さん、いつも試合の応援ありがとうございます。
 

フェアプレイカップ結果(訂正)

 投稿者:4年生担当:柴田  投稿日:2009年 6月17日(水)18時09分9秒
  ■2次トーナメントの結果は、「1回戦敗退」ではなく「2回戦敗退」でした。
m(__)m
 

フェアプレイカップ結果報告

 投稿者:4年生担当:柴田  投稿日:2009年 6月17日(水)13時45分30秒
  6月13日、14日に行われましたフェアプレイカップ予選・2次トーナメントの結果を報告します。

■予選
●第1試合:対 FC.VIGOREjr 3-0(得点者:リンタロウ、リョウガ、ユウシ)
●第2試合:対 FCドミーにジュニア 3-0(得点者:ユウシ2、オウンゴール)
●第3試合:対 国分寺第五SC 0-3
結果、2位で予選通過

■2次トーナメント
●第1試合:対 西国分寺FC 2-0(得点者:リンタロウ、ユウシ)
●第2試合:対 さいわいFC 0-2
結果、1回戦敗退

予選の第3試合、トーナメント第2試合ともに相手のほうが寄りが早いため攻め込まれる場面が当然増え、クリアも中途半端でセカンドボールを拾われるという形が多く、足先だけでディフェンス、背中を向けて怖がってしまう、ボールを追ってしまいマークを外すなどがまだまだ多く、その結果失点。アンラッキー的な失点もありましたが、これも元は寄りが遅い、又は寄らずにシュートを打たせてしまった結果の失点。
この2試合で改めて感じたのは、守りは当然重要ですが、やはり攻めて得点しないことには勝てません。また、トーナメント第2試合の後半は良い展開が増え幾つか決定的なチャンスはあったたものの、攻めても数少ないチャンスをキッチリ決めないと勝てません。
ただし、この試合はベンチにいた私が、本来なら緊張している子供達を落ち着かせなければならないところを焦らせてしまった部分もあり、反省しています。申し訳ありませんでした。

2日に渡り応援・ご協力頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。
6年生前期リーグ、5年生住信カップとありますので引き続き応援をよろしくお願いします。
同帯・審判・応援等頂いた外山代表、小川コーチ、赤松コーチ、世森コーチ、梅田コーチ、森谷コーチ他、コーチの皆様ありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/10