teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


離型剤に付いての回答

 投稿者:信越産業㈱技術サービス課  投稿日:2008年 7月14日(月)13時07分12秒
  お問い合わせ頂きましてありがとうございます。
tokunaga 様よりのホームページへの投稿内容について、お答え致します。

1.コンクリート温度差による離型剤の選定並びに気泡低減での離型剤選定方法
  (回答)
  コンクリート温度は季節の寒暖のことだと解釈いたします。
  夏場と冬場での離型剤の選定についてですが、
  まず、生コンについて、夏場の方が温度の関係で、流動性は良くなりますが、
  スランプロスが、大きくなるため、打設時間が長くなると気泡が多くなると思われます。
  打設時間が長くならないなら、気泡は減る傾向になるでしょうか?
  実際の諸条件(原材料、配合、打設方法、振動、養生等)によって気泡の出方は異なります。
  夏場と冬場で離型剤を変更している得意先もありますし、変更しない得意先もありますので、
  お客様の条件によって、離型剤の選定が異なります。

  気泡低減については、現在どうのような気泡で困っているのかによって選定する離型剤も異なりますし、
  現状の製品の仕上がり状況や打設等の諸条件によって選定する離型剤も異なります。
  一概にこうだからこうだという方法はありませんので、改善方法は状況確認からのスタートになります。
  状況がわかった時点で具体的なアドバイスは可能だと思われます。

  3で紹介する技術資料を参考にしてください。

2.骨材の種類による離型剤の違いが製品に与える影響
  (回答)
  例えば、川砂利から砕石に変更すると角張った骨材ですので、振動による離型剤の摩耗が
  多くなりますので、離型力不足等いろいろな弊害がでる可能性が高いと思われます。
  従いまして、骨材変更等配合変更が生じた場合は離型剤の見直しが必要になる場合があります。

  3でご紹介する技術資料を参照願います。

3.技術資料
  インターネットのホームページ「コンプロネット」の中の
  「コンクリート実学講座」の中の「コンクリート製品技術者のための離型剤入門」
宜しくお願い致します。

信越産業㈱ 技術サービス課
 
 

温度差による離型剤の選択

 投稿者:tokunagaメール  投稿日:2008年 7月13日(日)09時06分49秒
  Pca製品のコンクリート温度による離型剤の選び方並びに気泡の低減方法についてどのような離型剤を選定すればよいのかお教え下さい。また、骨材の種類による離型剤の違いが製品に与える影響等の技術資料があれば幸いです。  

離型剤についてお返事

 投稿者:信越産業管理人  投稿日:2008年 6月20日(金)17時34分32秒
  北海道人様へ
回答おくれました
ご質問の性能の商品は弊社商品ラインアップには申し訳ありませんがございません。
ご要望の離型剤としては、まず耐熱が250℃ということから無機系が良いと思います。
また、白色をご希望とのことから酸化チタンかフッ素系のディスパージョンが向いているのではないかと思います。
これらの提供先としては、インターネット検索で容易に見つかると思います。
具体的な社名としてはご容赦いただきますようお願い申し上げます。
また残余のご質問等あればまたご連絡いただきますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。
 

離型剤について

 投稿者:北海道人メール  投稿日:2008年 6月18日(水)12時04分46秒
  初めまして
ご質問させて頂きます。
当社では金型と熱板プレスを使用しワークにカーボン摩擦材を貼り付け成形しているのですが、現在使用している離型剤が黒鉛系の為、金型への塗り斑が発生しても判別しづらい状況となっております。
御社で取り扱っている離型剤で
白色等〔色合いのはっきりと出る物〕
耐熱温度が250℃以上の物
スプレータイプ
もしくはフェルトを通して塗布出来る物を探しております。何かアドバイスありましたら宜しくお願い致します。
現在当社では摩擦材の欠けや剥離等の不良が増の状態となっておりまして離型剤の見直しトライアルを実施しようと考えております。
 

剥離材の種類についてへの回答

 投稿者:信越産業管理人  投稿日:2007年 9月20日(木)13時56分7秒
編集済
  岡田様
お問い合わせありがとうございます。
地域的な問題もあるかと思いますので、お問い合わせ内容を担当部署へ送付しました。
早急に回答をお出しできると思います。
今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
 

剥離材の種類について

 投稿者:宮崎建設開発㈱岡田メール  投稿日:2007年 9月20日(木)11時45分41秒
  始めまして、宮崎県発注ので魚礁製作工事をしております。魚礁メーカーの型枠の構造上どうしても、気泡が抜けなくエアーあばたが出来る箇所があり、メーカーの営業マンが持って来た剥離材が、信越産業の信越産業 レジナーSE-86なのですが、ホームページを調べると剥離剤の種類が豊富で、レジナーSE-86が本当に適しているのか、もっと良い商品があるのではないかと考え質問することにしました。  

回答

 投稿者:信越産業管理人  投稿日:2007年 9月13日(木)09時55分3秒
  お返事遅れて申しわけありません。
再度のお問い合わせいただいた直後(8/30)に回答文を作成し、アップしたつもりでしたので、未到着とは思っておりませんでした。申しわけありませんでした。
**************************************************************
ご意見ありがとうございます。
現場から出来ることから始めるという「剥離剤ユーザー」様のご意見の通りと存じます。
環境対策は時代の潮流だと感じております。
とりわけ弊社製品は、コンクリート工場様・建築現場・土木現場等外部及び外部に近い状況でご使用いただいておりますので、環境に対する配慮・検討は出来るところから着実にかつ迅速に行う必要があると感じております。
問題が有ればすぐに対応する事を優先して行うことも必要と思います。
ご存じのように、弊社では事務的な事項としても製品安全データーシート整備や危険物データーベース登録及びPRTR法への配慮等コンクリート離型剤の業界では先んじて対応してきたとの自負がございます。
今後とも「剥離剤ユーザー」様にはご安心いただる製品を販売できるよう研究・開発を行う所存でございますので、かわらぬご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
尚、「剥離剤ユーザー」様には「プララ」様からのアクセスと思いますが、メールアドレスもしくは電話番号等を別途お知らせいただければ、より詳細な情報を提供させていただけると存じます、宜しくお願いいたします。
 

信越産業管理人様

 投稿者:剥離剤ユーザー  投稿日:2007年 8月29日(水)00時14分18秒
  答えずらい質問に的確に答えてくださり、ありがとうございました。
不安材料がなくなり今後も安心して 御社の離型剤を使用させていただきます。
ただ、一点だけお聞きしたいのです。
離型剤の原料の件ですが、ここ数年リサイクルが企業の社会的責任・貢献にあげられています。新油のみを使用すると、品質にバラつきが出来ずらいのはわかりますが、
世界規模での原油の価格上昇・環境破壊のなかで、なぜ、全国規模でトップクラスの信越産業様が、廃油・再生油を使用しないのですか?
十分使える再生油・廃油は、日本全国にある様々な処理業者さんのもとに集まり、大半は再生重油等に加工されています。加工される前に、処理業者さんと技術協定を結び、離型剤の原料に使用出来ないのでしょうか?まず現在の製造原料の見直しから始めなければ、環境対策に取り組んでいるとは言いにくいと思います。これからの時代、企業が求められるのは当然環境対策商品ですが、
一番は、現在の流通商品の製造対策が必要と思われます。
ちなみに、私語とですが、当社では、事務レベルからではなく現場から出来る事から始めています。事務からでは、スピードが遅くなるので。
信越産業様は どの様に思われますか?
 

剥離剤ユーザー 様への回答

 投稿者:信越産業管理人  投稿日:2007年 8月28日(火)15時51分19秒
  ご質問ありがとうございます。
①弊社剥離剤(弊社では離型剤と呼んでいます)に使用の添加剤は現時点で数十種類を数えます、ノウハウに関することなので、詳細はお話しできませんが、今までも添加剤の消長は数多くございました。
今後もし使用している添加剤が製造中止等により入手不能になりましても、得意先各位にはご迷惑のかからないよう、万全の体制で研究・開発を続けておりますので、今後ともご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。
②環境に配慮した離型剤について…弊社では従来より環境対策に取り組んでおりまして、一例をお示しすれば、アクアコートSシリーズ及びアクアコートWシリーズはカタログにも表記させていただいておりますが、植物系原料を使用した離型剤です。
同様に付着防止剤としてレジトールPOも植物系原料を使用した製品です。
その他VOC対策品・シックハウス症候群対策品等も研究・開発を続けております、詳細は弊社営業員にお問い合わせ下さい。
③申しわけありません、ご質問の内容が確認できません、ご相談いただいた弊社営業担当に再度ご質問を頂くか、弊社技術サービス課宛お問い合わせ頂くようお願い申し上げます。
④廃油・再生油の原料としての使用について…弊社では廃油は原料として使用しておりません。
 注意点について、特にございません。
 宜しくお願い申し上げます。
 

剥離剤の不安

 投稿者:剥離剤ユーザー  投稿日:2007年 8月26日(日)02時10分48秒
編集済
  コンクリート剥離剤又、離型剤のトップメーカー・信越産業のユーザーとして、世界的な原油関連の心配があり、今後のコンクリート関連業界の為に手厳しい四つの質問を、させていただきます。
①剥離剤の心臓部とも言われる添加剤が、1~2年後に生産中止の見込みになるそうですが、今と同等の性能を持つ添加剤の開発は、進んでいますか?
②環境に配慮した植物油の剥離剤が、全国各社から続々と出てきていますが、御社にはどの様な、製品・環境配慮・性能・価格帯がありますか?
③御社の、一部の低価格剥離剤製品に、***の混入の疑いがある、***油を原料にしているが、第三者分析機関で原料及び製品は、定期検査していますか?
④今後を考え廃油・再生油を原料として使用していますか?又、使用しているとすると、ユーザー側は何に気をつければ良いのか?
御社の営業マンが答えにくい状況だったので、ここで質問させていただきます。誠意ある答えをお願いします。
 

レンタル掲示板
/2