teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ホーネット

 投稿者:愛知 鈴木  投稿日:2018年12月13日(木)12時57分22秒
  追加説明 ハイパワーにすると 「ゴム乗数を増やす、又はペラ径を大きくする」
     逆回転する     「推進力が減る」
 
 

ホーネツトについて

 投稿者:愛知 鈴木  投稿日:2018年12月12日(水)07時31分14秒
  阿部さんからいただいた中にホーネットの設計図があったので一言
-ずんぐりむっくりした機体と同様に短スパンの機体を作った(B級)事があります、
さらに高翼で一段上半角にしました-
結果  長スパン翼に比べハイパワーにすると翼がペラ反力に負けて逆回転する
    高翼なので通常(翼台が普通の高さ)よりもダウンスラストが強くなる
      またやってみたいです  写真は高翼をやめた物
 

ホーネット号

 投稿者:秋田の阿部  投稿日:2018年12月11日(火)23時41分16秒
   吉田さん,ごめんなさい。親方になったらホーネット号と溝口さんから設計図を頂いた時から決めていました。前親方の富山さんからも是非ともホーネット号と強いおすすめがありました。今日最高気温3度の中ホーネット号を富山さんと飛ばしにいきました。既に10機ほど完成しておりすべていい感じで急上昇して飛んでいます。私は4機のうちまともに飛んだのは1機だけでした。今まで40機位作った中で一番難しい、ほんの少しずれているとまともに飛びません。溝口さん、愛知の鈴木さん是非とも作り情報を教えてください。プロペラはピッチレシオ1,2の様です。当時キットの中に入っていたペラはどんなのが入っていたでしょうか?  

ホーネット号

 投稿者:秋田の吉田  投稿日:2018年12月11日(火)17時10分42秒
  溝口さん、ご無沙汰です、親方杯課題機がホーネットと決まり大会後すぐに作ってみました、図面通りに、部材を軽く強いものを使いプラペラ仕様で19gで完成、早速テスト飛行に、ワインダーで60回巻いて飛行、右へダイブ、サイドスラストが強かったようです、そういえばダウンは書いてあったがサイドはなかったような?で、0度にして100回巻いて再飛行、サーマルにつかまり視界没になってしまいました、その後もう一機作り飛ばしてみましたがサイドは0度でとても良い上昇を見せてくれます、もう一機翼を4cm長くしたものも作り滑空はとてもいいようです。
私はB級が好きです、A級は難しいので嫌いです。
 

ホーネット号

 投稿者:溝口  投稿日:2018年12月10日(月)19時10分49秒
  ホーネット号に親方杯が規定機に選ばれるとは思っていませんでした。スズメバチ、くまんばちの意味があると推測される機体はそれを連想させる翼幅が広く機長が短いイメージがあります。調整は難しそうですが、すでに製作もされていると聞いて二度ビックリです。すでに来年の親方杯が楽しみです!!南砺市は日曜日に初雪が降りました。  

来年に向けて!

 投稿者:ていこう  投稿日:2018年11月29日(木)18時07分27秒
   秋田で来年開催される 親方大会 の規定機が ホーネット に決まり、気仙沼チーム?の鎌田さんは、もう何機か完成した様です。 さらに、ホーネット のキット状態まで作った物も10機分くらい作り終えたとのこと、さすが技術部長です!
 私もホーネットを作り始めました。ついでに、木ペラの加工も始めました。20cmのエクセレント、21cmのKSM、22cmのzoom、の3種類を付け替えながら調整する予定です。
 

美しい機体!!

 投稿者:溝口  投稿日:2018年11月 8日(木)17時57分56秒
  鎌田さんのJAT-3は綺麗ですね。フルに巻くととんでもない上昇曲線を描くでしょう。是非、その時には動画を撮っておいてください。来年の4月頃を目途に、この掲示板も動画対応になる予定です。  

スラスト。

 投稿者:ていこう  投稿日:2018年11月 5日(月)19時28分39秒
   愛知 の鈴木さん、了解しました。次回広い場所で調整できるときに、ダウンスラストの調整をしてみます。
 先日、ひこーき仲間の鎌田さんと車で1時間30分くらいの町にある広場で飛ばしてきました。天気も良く、風もあまりなかったので何回も何回も飛ばしてきました。
 さすがにフル巻きで飛ばす事が出来るほどの広さではないので、フル巻きの700巻を巻き、そのうちの200巻き位のみでストップするようにして、飛ばしました。
 写真は鎌田さんのJAT-3です。
 

調整法

 投稿者:愛知 鈴木  投稿日:2018年11月 2日(金)19時11分57秒
  詳細   フル巻きにして突っ込み始める-少しダウンを減らしてスラストをわずかにアップ気味にする-ゴムを新品(ゴムがへたっているので)に変えてフル巻きで飛ばして様子を見る-突っ込めば更にスラストをわずかにアップにしてゴムを変えてフル巻きで飛ばす-失速したらアップし過ぎ-良い飛びの状態になるまでこれを繰り返す   以上  

参考までに

 投稿者:愛知 鈴木  投稿日:2018年11月 2日(金)18時54分53秒
  6条フル巻きでは胴体が曲がってしまう--多少の曲がりでも飛行機はちゃんと飛びます。
どの位曲がれば右へ突っ込むか一度調べてみるのも良いでしょう、突っ込み始めてもいいのです。そこからダウンをアップスラストにしていくのです。この調整法は木コメタルでは出来ません。ピアノ線コメタルだからこそ(私が推薦)やれます、昔〃やったお話(4×8の7条で)です。
 

レンタル掲示板
/143