新着順:70/24947 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

美味しい料理を出す(^^)。コツがある♪

 投稿者:管理人 大津 峯子メール  投稿日:2018年10月 6日(土)11時04分54秒
  通報 編集済
  今朝のザ・太陽さんは、まだら雲の向こう。することありすぎるけど、ま、いっか(笑)


yumeさん、おはようございます。
自分だけの時間を持つ日。これでまた、リセットできる。新しい自分になって、未来へゴー♪

エフ太さん、おはようございます。
「はすいも」を、ネットで調べて、サトイモの一種であると知りました。南の方の植物ですね。
日本各地で食材のバリエーションがあるし、それはとても沢山で。すごいなあ。
北海道では単にイモと言った場合、ジャガイモ・馬鈴薯です。今は種類も多いので、
「キタアカリ」か「メイクイーン」か「インカの目覚め」のどれかを買ってきてなど、指名制(笑)


☆-☆-☆
仕事で疲れて帰った主婦が、休む間もなく作った料理を家族に出して、
「どう?」と聞くと、「味がうすい」「こしょうが足りない」などと返事が。
「だったら、あなたが作れば!」という言葉を飲み込み(笑)、
「そうか~」と、苦笑い。

こういう時に限らず、料理の出し方は。
「今日のも、おいしいよ~(^^)」と、最初に「おいしい」という情報を加える。

そして料理を一緒に食べる。おいしいね~と、にっこりして一緒に食べる。
「おいしいの範囲」が広がると、今の私は思ってる。

おいしいって、すごくあいまい。範囲が広いし、個人でも異なるし。
つまりは、絶対的な美味しいという基準は、ありえない。
さらに環境や感情も加わると、もっとあいまいになる。

外でキャンプしながら食べるバーベキューは、ちょっと焦げてもうまい。
緊張だらけの会食では、何を食べても味がしない、とかね。

もちろん食べ物だから、実際のおいしい、そうじゃないはある。
だけど、毎日毎食、シェフが作るような料理を作ることを、
仕事してる主婦に求めること自体、ほんとかなと考えてみようか。

TVをつけてた時の話。
「お袋の味の味噌汁が飲みたい」と夫が言うので、こんぶやカツオに
こだわって妻が作っても、うんと言わない。おやおや。
夫の家に行った時、キッチンで義母が作ってるのを見ると、
有名メーカーの「だしの素」で、味噌汁を作ってた。おやおや。
ね。お袋の味っていうのも、マボロシ~(笑)。

お湯を沸かす。宇宙エネルギーたっぷり封入して。
それでインスタント味噌汁を溶かす。溶かしながらも、封入。
そこに、エネしょう油を、一滴、落とす。

こういう日があってもイイのさ。おいしいねの笑顔と共にね(^^)

10月も、宇宙エネルギー使いまくりでゴー♪勝つぞ!!!


☆吾蘇慕宇会セミナーは、10/7日(日)・11/4日(日)「札幌かでる2.7」、
     10/21日(日)「あそび~ば」・11/25日「旭川クリスタルホール」です。

ここの掲示板にマチュピチュと書き込むと、マチュピチュのエネルギー、情報が来ます。
 http://www.asoboukai.net/html/mfile2004/mf04matyupityuap.html「こちら」を読んでね。

☆「宇宙エネルギーで元気!ブログ」です。写真付き♪ こちらもどうぞ。↓
   http://asoboukaiene.blog.fc2.com/?preview&index

今日は、ウルトラのトモダチと、新しいトモダチ、応援チームに最高のキラキラビーム!☆(^_^)☆

http://www.asoboukai.net/html/hyousigun/menu_seminarannai.html

 
》記事一覧表示

新着順:70/24947 《前のページ | 次のページ》
/24947